成形加工 / 基本事項 / 包装、保管、過乾燥

包装、保管、過乾燥

「エバール」樹脂は、ポリオレフィンなどに比べて吸湿性を持っています。

吸湿した樹脂を用いると成形品が発泡する場合がありますので、注意が必要です。

 

未開封の「エバール」樹脂の予備乾燥は不要です。

しかし、一旦開封したものを大気中に長時間放置すると、「エバール」樹脂が空気中の水分を吸収するため、そのまま用いると成形品が発泡する場合があります。従って、開封後は使いきって頂くことを推奨しています。やむを得ず開封した「エバール」樹脂を保管する場合は、「エバール」樹脂の入っていた袋に密封保存して下さい。

万が一「エバール」樹脂が吸湿した場合は、水分率が0.3%以下になるよう再乾燥して下さい。その際は80~100℃の除湿乾燥を推奨しています。

包装

「エバール」樹脂は乾燥状態で防湿包装して出荷しています。従って、未開封の「エバール」樹脂の予備乾燥は不要です。

保管

「エバール」樹脂は防湿包装していますが、できるだけ屋内の乾燥した場所に保管してください。

「エバール」樹脂を低温の倉庫内に保管する場合、ペレットへの結露を防止するため、加工の24時間前には樹脂を製造場所へ移動させて下さい。

開封後は使いきって頂くことを推奨します。やむを得ず開封した「エバール」樹脂を保管する場合は、「エバール」樹脂の入っていた袋に密封保存して下さい。袋の口部は熱シールで再封することをお勧めします。

万が一「エバール」樹脂が吸湿した場合は、水分率0.3%以下になるよう再乾燥が必要です。詳しくは、乾燥の項を参照下さい。

過乾燥

「エバール」樹脂の乾燥には、その際は80~100℃の除湿乾燥を推奨しています。乾燥条件は80~100℃で2~4時間程度が一般的です。乾燥温度は、樹脂の変色や劣化を防止するために、110℃を超えないようにして下さい。

樹脂の変色や劣化を招くおそれがありますので、過剰な乾燥は避けて下さい。