特性 / 耐溶剤性

耐溶剤性

多くのプラスチックは有機溶剤への長時間の接触により、膨張、軟化、溶出または変形などの問題を起こします。

「エバール」は、炭化水素、油分、有機溶剤に対する非常に高い耐性およびバリア性を有しています。

「エバール」が使用されている多層構造は化学物質の揮発を防ぎ、燃料タンク、有機溶剤や農薬の容器などに適用されます。