用途 / 自動車分野 / 炭化水素排出規制

自動車分野

ガソリンをほとんど透過させないプラスチック製燃料タンクで、軽量化を実現します。

炭化水素排出規制

世界的な温暖化の進行にともない、自動車の燃料システムからの炭化水素排出量に関する規制はますます厳しくなっています。ヨーロッパとアメリカの炭化水素排出基準は以下の通りです。

きれいな空気を守るため、自動車業界では未来の燃料システムへの挑戦が今も続けられています。クラレは、「エバール」を通して、自動車業界の発展と環境保全にこれからも貢献していきます。

ヨーロッパの炭化水素排出規制概要

規制

施行年

排出レベル、燃料、対象

EURO 1

1993

20.0g/24時間、E0、Tank

EURO 2

1996

2.0g/1時間、E0、Vehicle

EURO 3

2000

2.0g/24時間、E0、Vehicle

EURO 4

2007

2.0g/24時間、E0、Vehicle

EURO 5

2009

2.0g/24時間、E5、Vehicle

アメリカの炭化水素排出規制概要

EPA

規制

施行年

排出レベル、燃料、対象

Tier 1

1994

2.0g/24時間、E0、Vehicle

Tier 2

2004

0.95g/24時間、E0、Vehicle

CARB

規制

施行年

排出レベル、燃料、対象

LEV 1

1994

2.0g/24時間、E0、Vehicle

LEV 2

2004

0.5g/24時間、E0、Vehicle

P-ZEV

2005

0.054g/24時間、E0、Fuel System