用途 / 食品包装分野 / 「エバール」フィルム

食品包装分野

優れたガスバリア性を生かした高機能包装材として、「エバール」が食品のおいしさや品質を守り、賞味期限の延長を可能にします。

全層バリア材による信頼性

エバール」フィルムは、全層がバリア性樹脂であるため、加工や充填、殺菌の工程(ラミネート、シール、真空包装、殺菌など)で物理的ストレスを受けても、バリア性が安定しており、安心してご使用いただけます。

熱成型が可能

「エバール」フィルムの無延伸銘柄であるEF-F、E、CRは、熱成型が可能です。CPPやA-PET、PSなどの基材とラミネートし、成型することで、ラミネート容器にガスバリア性を付与できます。

 

用途例

構成例(外 / 内)

かつおぶし

味噌



ラーメンスープ

切り餅

フルーツゼリー、米飯

フルーツゼリー容器

PE/「エバール」フィルム/OPP

PE/「エバール」フィルム/OPP
PE/「エバール」フィルム/PET
PE/「エバール」フィルム/BOPA
PE/「エバール」フィルム

PE/「エバール」フィルム/BOPA

PE/「エバール」フィルム/BOPA

PPE/「エバール」フィルム/BOPA

PE/「エバール」フィルム/CPP


食品のフィルム別保存テスト

パイナップルを72日間保存しました。「エバール」は、賞味期限の延長に寄与します。

PP 単体(20℃65% RH          EVAL™ (20℃65%RH

bad pineapple without EVAL film Good pineapple with EVAL film