用途 / 食品包装分野 / 熱成形シート(カップ・トレー)

食品包装分野

優れたガスバリア性を生かした高機能包装材として、「エバール」が食品のおいしさや品質を守り、賞味期限の延長を可能にします。

熱成形シート(カップ・トレー)

ゼリーや飲料、味噌や加工米飯など、「エバール」を用いたカップやトレーは、身近なところで使われています。高い透明性のおかげでおいしさを"見せる"ことができ、また消費者に安心感を与えます。最近では缶詰缶の代替としての用途も拡大し、プラスチックカップに入ったベビーフードやウェットペットフードが増えてきました。

これらのプラスチックのカップやトレーは、溶融押出でつくられた多層シートを、真空成形に代表される熱成形することで製造されます。

その熱成形において、かつては"EVOH樹脂は固くて成形しにくい"という課題がありました。しかしクラレは、熱成形性の向上に成功し、現在ではさまざまな特性を持つ「エバール」の銘柄をラインアップしています。これにより製造条件の幅が拡大し、より深いカップの製造が可能となり、同時に、「エバール」層の厚さが均一に成形されることで、ガスバリア性能の向上にも寄与します。

用途例

構成例(内 / 外)

レトルト食品用トレイ、ソース

PP/回収層/tie/「エバール」 /tie/PP

ベビーフード、スープ

PP/回収層/tie/「エバール」/tie/回収層/PP

惣菜、ソース、乳製品

PS/回収層/tie/「エバール」 /tie/回収層/PE

深絞り成形、透明成形、固相成形(SPPF)

PS/tie/「エバール」 /tie/PS

飲料、フルーツカップ、肉用トレイ

PS/tie/「エバール」/tie/PE

PP/tie/「エバール」 /tie/PP

Food (sheet) Food (sheet 2)


成形方法:

熱成形